現在表示しているページ
ホーム > お知らせ > 新宮市少年少女発明クラブが発足しました
ここから本文です

新宮市少年少女発明クラブが発足しました

 平成27823日(日)、新宮市浮島児童館において新宮市少年少女発明クラブの発足式が開催されました。瀧野秀二会長から「自然と歴史の豊かな地域である新宮市の特徴をいかし、地域の良さを感じてもらえる講座にしたい」と挨拶されました。                                                                      一昨年発足した田辺市少年少女発明クラブに次いで、県下では9箇所目のクラブとなります。発足式 のあと、第1回講座「アルソミトラの種を飛ばそう!」が開催されました。植物は子孫を残すために、種子にいろいろな工夫がみられますが、熱帯地域に生育するウリ科のつる植物であるアルソミトラは種子がグライダーのように滑空し、遠くまで運ぶことが出来ます。講座では発泡スチロールのシートを使って模型をつくり、おもりの位置や量を加減しながら何度も挑戦していました。

知財総合支援窓口

知財のミカタ